日々の忘備録とリファレンス

PHPマニア

HTML・CSS・PHP・jQuery・Mysql・Linuxの総合情報サイト

PHPを中心にしたIT用語など、サーバー用語からTCP/IP用語まで

HTML・CSS・PHP・jQuery・Mysql・Linuxの情報サイト

+
Share
Bookmark
Follow

CDN(シーディーエヌ)

CDNとは

IT用語の中のプログラミング用語である「CDN」について説明していきます。

CDNの読み方

CDNはカタカナで表すと「シーディーエヌ」と読みます。

CDNは何の略?

CDNは「Contents Delivery Network」の略で、カタカナで表すと「コンテンツ デリバリー ネットワーク」と読みます。

CDNって何?
CDNとは、サーバーの負荷を分散させるために、データを異なるサーバーから提供する仕組みのことです。

キャッシュサーバーなども用いながら、アクセスの負荷を分散させたりします。

Web系のプログラムのJavaScriptなどのライブラリでも、Googleなど大手企業でよくその手は使われており、jQueryなどのライブラリを自分のサーバーにインストールすることなく、直接提供元企業のサーバーにURLを指定してアクセスし、それを自分のサイトに反映させたりも出来ます。

そうすることで、自分のサイトの負荷を軽減することも出来ますし、そのライブラリがバージョンアップした際も、わざわざ再度ライブラリをインストールすることなく反映も出来るので管理も楽なため、CDNを使うメリットも高いです。

デメリットとしては、カスタマイズ出来ない、バージョンアップした際に、バージョンアップ前のファイルのバックアップをしていなければ、バクが起こった場合に対応しにくいなどがあります。

CDNと同じカテゴリのIT用語

プログラミング用語

Copyright© 2019-2021 php-mania.com All Rights Reserbed.

当サイトに掲載している文章、画像などの無断転載を禁止いたします。