日々の忘備録とリファレンス

PHPマニア

HTML・CSS・PHP・jQuery・Mysql・Linuxの総合情報サイト

PHPを中心にしたIT用語やWeb関連ツールやIT関連アプリの使い方、サーバー用語からTCP/IP用語まで

HTML・CSS・PHP・jQuery・Mysql・Linuxの情報サイト

+
Share
Bookmark
Follow

カエレバやRinkerを使わずにアフィリエイト商品リンクを自作してみた

アフィリエイトにはカエレバやRinkerが人気

商品をブログとかで紹介する時、アフィリエイトをある程度やっていると、同じ商品を複数のショッピングサイトで紹介したくなります。

商品を複数のショッピングサイトに誘導するのには、カエレバやRinkerが有名ですね。

カエレバやRinkerは、一つの商品をヤフーや楽天やAmazonなどの大手のショッピングサイトへリンク出来るツールになります。

カエレバはどんな投稿でも汎用的に使えるツールで、その姉妹サイトの書籍のリンクならヨメレバ、RinkerはWordPress専用となります。

ただ、カエレバもRinkerも、最大のデメリットとして基本的に「powered by カエレバ」みたいな表記が付いてきてしまいます

もちろん無料で提供しているツールなので、仕方ないといえば仕方ないですし、提供している開発者も広めたいので開発元のサイトのリンクを貼りたいのは解りますから、もし自分が開発したとしてもおそらくそうしたくなるでしょう。笑

でも余分な外部リンクは増やしたくないですし、オリジナリティなサイトを作りたいので、そういった広告のような外部リンクはサイト制作者としてはできれば避けたいところですね。

そこで自作するメリットとデメリットを考えました。

もちろん自作すれば「powered by」みたいな表記は要らなくなるのですが、以下のようなメリットもあります。

検索URLなどの仕様が変わったとき
カエレバの場合
カエレバの場合は、生成されたリンクを貼り付けるタイプなので、もしヤフーや楽天やAmazonなどの商品検索サーチのURLが変更になった場合には、全てのリンクの変更が必要になってきます。

Rinkerの場合
一方Rinkerの場合は、ショートコードでWordPressプラグイン側での置き換えになるので、プラグインがそれに合わせてアップデートしてくれれば、プラグインのバージョンアップで対応出来ますね。

自作の場合
一箇所のプログラムの修正で大丈夫です。

(ま、大手のショッピングサイトもアフィリエイターがたくさんいるのも知っているので、早々URLの変更はしないかと思いますが…)

アフィリエイトIDとの関連性
カエレバの場合
カエレバはCookieでアフィリエイトIDを保存しているので、基本的に一度登録したら商品リンクを作成する度には登録しなおさなくてもいいですが、もしブラウザのCookieを削除したときや、複数のサイトを管理していて、それぞれのサイトの商品リンクを作る際は、おそらくその都度アフィリエイトIDを登録しなおすか、それぞれ別のブラウザでそれぞれのサイトの商品リンクを生成するといった方法になるでしょう。

それにしても、わざわざ会員登録しなくてもCookieで制御すると言うところが便利でいいですね。

Rinkerの場合
RinkerはWordPressプラグインなので、それぞれのサイトにアフィリエイトIDを登録する形になります。

Rinkerの管理画面から登録し、一度登録したら大丈夫ですので楽ですね。

サイトを複数管理している場合も、WordPressなのでサイト毎の管理になるため、非常に便利ですね。

自作の場合
定数やデータベースなどに各アフィリエイトIDを登録しておけば大丈夫です。

管理サイトが複数ある場合も、各サイトの定数やデータベースに保存しておけば大丈夫ですね。

おすすめのWordPress関連

GMOの格安WordPressサーバー

ロリポップサーバー

WordPressオンライン講座

WPHack

商品リンクを自作してみた

そこまでメリットがあるのか分かりませんが、とりあえず悩む前にプログラミングしてみる派なので、カエレバやRinkerのようなリンクをPHPで自作してみました。

ある程度のPHPの知識と、アフィリエイトコードの仕組みが分かっていれば自作出来ますね。

自己満といえば自己満ですが、あまりツールに頼らずに自作するのが好きで、もしカエレバみたいなサービスが終わった時に自作出来る技術があればそれはそれで良いかなと思ってます。


WordPressみたいなショートコードではなく、商品ページURLとタイトルと画像URLを記事にコピペしておくと、自動的にアフィリエイトURLに変換して更に各ショッピングサイトへのリンクも生成してくれるといったプログラムです。

そう考えると、アフィリエイトリンクに変更後のタグを貼り付けるカエレバと、ショートコードを貼り付けるRinkerの中間的な感じかなと思います。

ショートコードでもいいんですが、実際素のURLが分かった方が修正の時しやすいというのはあるかもですし、ショートコードだと毎回置き換えるために商品を他のテーブルにデータベース保存する必要が出て来るので、今回は余分なテーブルは作らない方向にしました。

でも商品リンクデータをデータベースに保存しておいた方が、商品のリンク切れを調べるプログラムが作りやすいのは作りやすいと思います。ただ、データベースに保存しておかなくても商品リンク切れ一覧を確認する方法もあります。

Rinkerのコードは実際見てはないんですが、おそらくRinkerは商品リンクデータをwp_optionテーブルなどにシリアライズしてデータベースに保存している気がしますね。それでショートコードの番号と照らし合わせて表示する際に置き換えているのでしょう。

今回は通常のURLとタイトルと画像URLを記事にコピペって方法でとりあえず作ったって感じですが、カエレバやRinkerのように商品を検索して、その結果の一覧から選べるようにすればもっといいのかもしれませんが、そこまでは今はいいかなと。

ヤフーか楽天かAmazonのどれかからメインとなる画像を選んで貼り付ける、といった形ですが、別に不自由は感じられないくらい便利になり、ストレスなくリンクが作れるようになりました。

プログラムで置き換えてるので、デザインを変えたい場合はすぐ変えれますし、もちろんカスタマイズも簡単ですし、プログラミムの書き方によってはデザインのパターンも作れますね。

今の時代はアフィリエイトリンクありきのサイトデザインな気がします。

さて、これからこのサイトに限らず自作のアフィリエイト機能を活用してたくさん記事を書いていきたいです。

何個サイト持ってるんだ(笑)


最後に・・・

今回は
  • アフィリエイトにはカエレバやRinkerが人気
  • 商品リンクを自作してみた
についてまとめてみました。

最後までお読み頂きありがとうございました。

2021年03月02日

関連記事

確認画面とはform機能によく付随される確認画面。確認画面は、お問...

2020年12月13日

全く文章力がないし、文章書くのが苦手でめんどくさがりなので、ツイッターのつぶやきと同じ...

2020年12月12日

色々サイトを作って来たけど、管理しきれない自分がいます。。笑たぶん自分...

2020年12月21日

ツイッターを始めたのはいいけれど、最初戸惑ったことの一つが、ツイッターに一度に投稿出来...

2020年12月12日

そう言えば最近色々検索エンジンで検索したときに、引っかかるサイトやページって、普通の内...

2020年12月13日