日々の忘備録とリファレンス

PHPマニア

HTML・CSS・PHP・jQuery・Mysql・Linuxの総合情報サイト

PHPを中心にしたIT用語など、サーバー用語からTCP/IP用語まで

HTML・CSS・PHP・jQuery・Mysql・Linuxの情報サイト

+
Share
Bookmark
Follow

微妙なWordpressっぽさを表現したい

Wordpressの魅力

微妙なWordpressっぽさを表現したい。
いつもブログを作る時はそう思ってます。


いきなりですが、Wordpressの魅力といいつつ、Wordpressはサイトを提供するときには使いますが自分のサイトを作るときにはまず使いません。笑

なぜなら満足しないからです。

全て自分の手でサイトを作りたい願望があるからです。笑


でも、デザインや機能とかはWordpressに寄せたりもする。
やっぱり世界のWorldpressであるWordpress!(笑)
Wordpressを中心にサイトが広がっているといっても過言ではない現代。
Wordpressにはリスペクトもしている。

なので、Wordpressの色んなデザインや機能を自分のサイトには取り入れて行きたいし行っている。
これも勉強。
ある意味本当にPHPが好きなんだなと思う。笑

PHPに最適の共用サーバー

GMOの格安WordPressサーバー

ロリポップサーバー

お名前.comのサーバー

お名前サーバー

Wordpressの特徴

Wordpressのサイトのパターン
やっぱりサイトを見て、これはWordpressだなってサイトは多い。

パターンは、

・やっぱりブログっぽい内容
・文字が大きい
・テンプレートのようにしっかりしたレイアウトが多い
SNS対応のテーマが多いので、SNSの画像リンクがある
・やたらJavaScriptを使ってて凝ってるサイトもあるがテンプレートっぽい感じ

そんな感じでしょうか。

でもたまにそれらが当てはまってもWordpressではいサイトもあるので、その時は凄いなって思ったりする。

会社のサイトも今はWordpressが多かったりするくらいだからね。


なので、逆に一からブログサイトを構築する時は、Wordpressを意識したりする。

サムネイルのデザイン
記事のサムネイル表示とか、パターンはあるけど、Wordpressのテーマはおしゃれなのが多いよね。

実際Wordpressテーマ開発会社に働いてたときも、色んなテーマを見たけど、サムネイルはおしゃれなのばかりだった。

なかなか少しHTMLCSSを勉強したよ、くらいでは作るのは難しかったりするのも色々あった。

でも多くのWordpressテーマのサムネイルは似ている部分もある気もする。

そういった中でやはり流行りなデザインもあるので、なかなか廃れないだろう定番なスタイルを取り入れたりもしてみた。

記事ページのデザイン
次に記事ページ。

最近はよく考えられてる記事ページが多いですね。
アイキャッチ画像があって、目次があって、本文があって、まとめがあって、コメントがあってら関連記事があって、カテゴリがあって…みたいな。

目次の前に作者のプロフィールとか色々あるパターンもある。

なんか全て計算されてるというか、、
このほとんどがWordpressのテーマで作られてる。

それだけWordpressの価値は大きいし、時代の最先端を行っていることは間違いないでしょう。

なので、そういうのを取り入れて行くのは楽しいし、また一つWordpressっぽくなったなと実感出来るのが自己満だけど面白い。

PHPに最適の共用サーバー

大手GMOの安心サーバー

ConoHaサーバー

お名前.comのサーバー

お名前サーバー

Wordpressのデータベース構造

バックのデータベース構造も、やはりWordpressに寄せたりはしてみた。

Wordpressのデータベース構造を見てみるのも色々楽しかったりする。

そして色んなWordpressの関数であるテンプレートタグは、データベースのどこをどのように引っ張って来てるのかとか、頭でイメージ出来る様になったりしたらなかなか面白い。

そして、自分でWordpressのデータベースのどの部分を引っ張って来たいのかをイメージできたら、それを書けるようになれたら面白さがアップする。

Wordpressのデータベース構造を見てみると、なかなか興味深いところもある。

やはりなんと言ってもブログ用だなという見方もあるが、逆にサイトの構成上ほとんどが記事ページと一覧ページの2人の構造になる特質を利用して、ブログ構造で全て代用出来るようにしたのはなかなか面白い。

op_optionsテーブル
ただ、wp_optionsは、なんでもかんでも入れ込んでるイメージが強いが、逆にプラグインなど汎用的に使ってくださいという意味合いも強いので、フリーの特徴上、誰でも自由に開発、拡張できるようにこのテーブルの存在が発揮してるようにも見受けられる。なのでテーマオプションやプラグイン開発の場合とかは、ここにシリアライズ化してデータを入れないといけないから煩わしさはある。
シリアライズはカラムの構造が変えられない最終手段だと思っているのは、やはりデータが崩れやすいという点もある。
カラムにデータをそのまま入れ込むわけではないので、もし一文字誤ってデータベース上で変えてしまうと取り出せなくなってしまったりする。
あと、あまりにもデータが多いと、本来いくつものカラムに保存するはずのデータを一つのカラムに保存することになるので、かなり冗長になってしまう。
という意味では、もし何かあった時は原因を見つけにくいという事になってしまう。
反面Wordpressは、列を持たせるカラムは投稿タイプに、一列しかないレコード群はwp_optionに、はっきりと分けたかったのかもしれない。
そう考えると、これはこれで理屈は通る。

ただ、どちらにしてもメリット、デメリットはあるもので、どちらを取るか、どちらが好きかは、人によって異なってくるかもしれない。


ただwp_optionsは置いといたとしても、他のデータベース構造は見習うべきところがある。

relation機能
各記事のデータはpostsカラムに保存されるが、各記事のほとんどはカテゴリーを要するだろう。

カテゴリー一つを選択ならカテゴリーカラムを作ればよいのだが(Wordpressでいうタグ)、一つの投稿記事で複数のカテゴリーを選択できるようにするにはrelationが必要となってくる。

Wordpressには、このrelation機能がある。

カテゴリーカラムと投稿テーブルを結び付けるのがrelationだ。

最初データベース構造を作る時、この仕組みに苦労したが、これが分かればカテゴリーが楽に作れるようになった。
やり方は他にも色々あるのかもしれないが、Wordpressの仕組みからヒントを得た。

PHPに最適の共用サーバー

GMOの格安WordPressサーバー

ロリポップサーバー

お名前.comのサーバー

お名前サーバー

Wordpressは奥深い

以上のように、まだまだ一部だが、Wordpressは非常に奥深く、学べるプログラム構造がたくさんある。

ブログ構築を勉強するなら、Wordpressの内部を知ることは凄くためになると思う。

そしてこれからもWordpressのいいところを取り入れ、内部を理解しながらブログ構築の機能も追加実装していきたい。

最後に・・・

今回は
  • Wordpressの魅力
  • Wordpressの特徴
  • Wordpressのデータベース構造
  • Wordpressは奥深い
についてまとめてみました。

最後までお読み頂きありがとうございました。

2020年12月16日

関連記事

確認画面とはform機能によく付随される確認画面。確認画面は、お問...

2020年12月13日

独自フレームワークを作った理由独自フレームワーク。いわゆるオレオレフレ...

2020年12月06日

Copyright© 2019-2021 php-mania.com All Rights Reserbed.

当サイトに掲載している文章、画像などの無断転載を禁止いたします。